読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・古今東西ラボ

最新のニュースや昔懐かしのモノに豆知識や雑記。時代や内容にこだわらずいろいろと書いてきます…

鷹1強?…私見2016年ペナントリーグ予想~パ・リーグ編

前回は私見ながらセ・リーグの順位予想を書かせてもらいましたが、今日はパリーグの順位予想もしてみたいと思います!

 

ツッコミどころ満載かもしれませんが、生温かい目でご覧いただければ幸いです(笑)

 

 

1位. 福岡ソフトバンクホークス

今年も独走するんじゃないでしょうか?

とにかく各選手のレベルも高く、層も厚いですよね。

打線ではイ・デホが抜けたのは大きいでしょうが、ソフトバンクは他のチームならスタメンクラスの選手が控えにいますから、この穴はすぐに埋まりそうです。松田の残留もチームにとっては嬉しい話でしょう。

 

投手陣はスタンリッジの退団がマイナス要素ですが、和田の復帰などプラス要素があるので心配なさそう。

基本的に2015年と同じような野球をすれば、普通に優勝する感じがします。とにかく地力のあるチームですよね。

特に去年のヤクルトとの日本シリーズは、それがハッキリ出ていた印象です。

 

その他に気になることといえば…

松坂は、去年は怪我と手術で残念な1年となってしまいましたが、遠投を始めているなど、少しづつ良い方向に進んでいる様子。

2016年はマウンドで勝ち星をあげることができるのか注目ですね。

 

あと、工藤監督が柳田を5番にする構想もあると言ってましたが、今までのように3番、あるいは4番にした方が良いんじゃないでしょうか?

せっかく出塁率が高くて走れるのに、5番はもったいないような…

まぁ5番構想はあくまで可能性での話でしょうけど。

 

2位. 西武ライオンズ

2015年は、秋山が安打記録を更新する大活躍をして、おかわりくんも離脱せずホームラン王。

そんな2人を有するパリーグ屈指の強打線、主力の大きな故障もなし、優秀な中継ぎをフル回転させても…結果は4位のBクラス。

正直、戦力は整っていても、田辺監督の采配で落とした試合も多かったように感じるんですよね。(もしかしたら田辺監督というよりは、コーチ任せの采配なのかもしれませんが)

 

2016年はコーチ陣の変更で、采配や指揮の面が改善されるように思います。

あとは栗山とメヒアが復調して打ってくれれば、2位は狙えるとの予想です。

投手陣(特にリリーフ)が不安ですが、そこを解決できればホークスを追いつめられるかも?

 

3位. 北海道日本ハムファイターズ

若手主体で勢いもありますし、実際に去年はチームも好成績を残しましたね。

ただ、上手く行き過ぎてた感じがするんですよ。

 

今年は、大谷君は変わらず活躍してくれそうですし、中田もプレミア12のバッティングを見ると期待できそう。

レアードも日本の野球に慣れた感じがするので開幕からやってくれそうです。

 

しかし他の若手は去年のような成績を残せるのかな?とちょっと心配なんです。

 大きな戦力ダウンも無いので、去年と同じような戦い方は出来ると思いますが、同じ結果が出るようには思えないんですよね。

 

よって3位の予想です。

 

逆に若手が覚醒してシーズン通して活躍すれば、もっと上位に食い込める可能性もあるでしょうね。若い選手たちの勢いを維持できるかがポイントになりそうです。

 

4位. 千葉ロッテマリーンズ

投手陣は補強したスタンリッジが大きいですね。涌井、石川は引き続き先発の要になってくれそうです。(涌井は若干心配ですが)

イデウン、大嶺、チェン、二木などなど…枚数は揃いそうな感じがするので投手面は心配なさそう。

 

あとは打線と内野陣の強化だと思います。

今江とクルーズの得点力の穴を埋められるかがカギになりそう。

とにかく清田や角中が去年のように活躍して、新外国人のナバーロが長打を打ってくれないと厳しそうですね~

内野守備もなんとかしないと。

 

投手力◎、打線△、守備△という事で4位の予想です。

しかしAクラス争いには食い込むでしょう。打線次第では上位を狙える期待はありますね。

 

5位. オリックス・バファローズ

投手に関しては、金子や西、ディクソンなど先発は揃っているので大丈夫そうです。あとは中継ぎがどうなるかですね。

 

そして、なにより問題は打線でしょう。

 

まず、去年は大補強をしましたが故障者続出。それで結果が出なかったという意見もありますよね。

しかし個人的には、故障などを抜きにしても中島や小谷野、ブランコが全盛期のように活躍できるとは思えなかったんですよね…

あきらかに各選手のパフォーマンスは落ちていますよ。

ただただ補強額ばかりに注目がいって、マスコミなどが騒いでいた感じがします。

 

そして今年です。

今年は野手で目立った補強は助っ人外国人だけでしたよね?結局その助っ人頼みという事になりそうです。

若手もなかなか出てきませんし、去年の補強組も期待はあまり出来ないでしょう。

 

打線の大きな上がり目はなさそうです…(糸井が去年のシーズン後半から復調したのは安心しましたが…)

とにかく新外国人がハマってくれるか。そこでしょうね。

 

これらを踏まえて5位予想です。

 

あと、T-岡田はもう一皮むけてほしいなぁ~

2016年はホームラン王争いしてください。

 

6位. 東北楽天イーグルス

リズ、ブリガムの助っ人投手陣と、アマダ―と今江の野手の補強。

正直、大きな戦力になる可能性は低いと思います。

特に打線に関しては補強頼みの部分が強いと思いますが、これではあまり期待できなさそう…

投手陣はまずまずでも、打力の弱さが大きく響きそうです。

 

よって6位予想。

 

そもそも、今はチーム自体が優勝を狙える状態ではないと思いますね。チーム再建の時期かと。

 

投手に関しては松井くんや則本など、若くて勢いのある選手がいるので希望が持てるのですが、若手野手陣のレベルの底上げをしていかないと、貧打は解消されませんよね…

外国人野手頼みからの脱却が当面の目標になりそうです。

 

そういう問題が立ちふさがる状況ですが、経験豊富な梨田監督になったのは朗報と言えそう。

いきなり優勝!と言わずに「最低5割前後の勝率を目指す」という発言からも、冷静に戦力を分析している感じがして、チーム再建をしっかりやってくれるんじゃないかと期待できます。

 

とにかく戦力の立て直しを頑張ってほしいです。

 

あと、コボスタジアムがボールパーク化するというお話ですね。メジャーの球場見たくなるんでしょうか?

グラウンドも天然芝と土にかわるみたいで、ボールが跳ねすぎたりすることは減りそうです。

 

ソフトバンク1強体制を崩せるか?

とにかくソフトバンクがトップを走って、それを他チームが追いかける展開になりそうです。

1位ソフトバンク

ーーーーーーー

2位西武

3位日ハム

4位ロッテ

 -------

5位オリックス

6位楽天

 

 のような感じで2、3、4位のAクラス争いが激しくなりそうな予感がします。

まぁ完全な素人予想なので、シーズン終了後にはきっと大恥をかいているでしょう(笑)

 

まだまだプロ野球の開幕は先ですが、冬場のストーブリーグ時期は、各球団のニュースをチェックしたり、順位予想をしながら楽しみたいものですね!