読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・古今東西ラボ

最新のニュースや昔懐かしのモノに豆知識や雑記。時代や内容にこだわらずいろいろと書いてきます…

大晦日は年越しそば…そんな今日こそ「うどん」を応援したい!

今年も今日で最後ですね!

みなさん年越し蕎麦は、お店に行って食べますか?それともお家で作って食べますか?

どちらで食べるか結構分かれると思うんですが、いずれにしても寒い体を温めてくれるお蕎麦は大晦日の楽しみのひとつですよね。

 

しかし子供の頃からずっと納得いかなかったのが、「なぜそばなのか?」という事です。

もちろんそばを食べるのにはちゃんとした理由があるのも分かります。

だからといって、絶対にそばじゃないと駄目!という訳ではないことも分かります。

あくまでも縁起担ぎですからね。

 

何を言いたいのかというと、この日に限っては他の麺類が人々からそっぽ向かれているような気がして、なんだか可哀そうになるのです。

 

 

特に「うどん」はすごく可哀そうです。

同じ日本食という括りのために、よく比較対象にされますよね。

そして大晦日は一年の中で最も「そば」の勢いに負ける日だと思います。

うどんにしてみれば大晦日なんていい迷惑でしょうね。

 

そばに主役を奪われてしまう12月31日こそ、うどんがそばより優れているところを伝えていかなければなりません!

 

「同じ日本食の麺類ならそうめんは?」っていうツッコミも聞こえてきそうですが、とにかくうどんなんです。

理由はわたしがうどん好きだからですね。

 

うどんはそばより低カロリー!!ダイエットにはもってこい

見た目に反してうどんはそばよりカロリーが少ないんですよ!

うどんの方が水分をたくさん含んでいるため、茹で上がるとその重量に対して粉の量が少なくなります。

つまり、うどんの方が低カロリーってことなんです。意外ですよね?

 

「ダイエットをしているけど年越しそばは食べたい…」

なんていう人には朗報です!すぐに年越しうどんに変えましょう!

 

 

…と勢いで書きましたが、実際は100gあたりに対して

 

ゆでそば  132Kcal

ゆでうどん 105Kcal

 

と、微々たる差なんですよね。

乾物だったりするとまた変わってきますし、そばとうどんでは一人前の量(グラム数)が違う事もしばしば。

うどんの方がヘルシーだけど、そこまで大きな差はない」というのが本当のところです。

残念ながらこれだけでは、そばの牙城を崩すことは出来ませんでした。

 

風邪で弱った体には消化吸収が良いうどんがオススメ!

しかしまだまだうどんにはメリットがありますよ。

それは消化吸収が良いという事です!

なので胃に優しく、素早くエネルギーにすることが出来るんですね。

 

「風邪気味で調子が悪いから、年越しそばで温まろう」

なんていう人には朗報です!すぐに年越しうどんに変えましょう!

 

「年越しそばで腹ごしらえして、年内最後のランニングだ」

なんていう人にも朗報ですね。年越しうどんに変えましょう!

 

うどんの致命的な弱点は栄養素?

どうだ参ったか!と言いたいところですが、残念ながら目を背けたくなる事実があるのです。

それは「そばのほうが圧倒的に栄養価が高い」ということ…

そばはタンパク質やビタミンB1、B2など栄養満点。

 

それに対してうどんはタンパク質以外の栄養素が少ないのです…

 

あぁ無念…やはりうどんは蕎麦には勝てないのでしょうか…

 

年の瀬も、うどんのことを忘れないであげて…

まぁ結局のところ、そばもうどんも一長一短ということで、単純にどちらが良いという優劣はつけにくいのですね。

しかし上で挙げたように、うどんならではのメリットがあるのは確かです。

 

年の瀬・大晦日は年越しそばに注目が行きがちですが、うどんのことも忘れないでくださいね。(その他の麺類も)

年越しうどん」も悪くないですよ!